Japan.Incentive Travel Awards 2018

Awards Winners

2018年度受賞者

  • 日本政府観光局(JNTO)は、優れた訪日インセンティブ旅行*を表彰する「JAPAN Best Incentive Travel Awards 2018」の受賞者を決定しました。
  • 今年で3回目となる本事業は、訪日インセンティブ旅行のベスト・プラクティス事例の表彰により、国内外のMICE関係者の理解と意欲向上、そして訪日インセンティブ旅行市場の活性化を目的として行うものです。
  • 平成29年度に実施された100人泊**以上の訪日インセンティブ旅行を応募の条件として、全世界の旅行会社やミーティングプランナーから募集し、今回は79件の応募がありました。
  • 受賞案件は、旅行後の職員のモチベーションや業績の向上、広域観光を組み合わせた特色あるプログラム、訪問地域との連携による地域活性化への貢献、といった点において特に優れた企画3件を外部有識者で構成する審査委員会で選出しました。
  • 副賞として「VISIT JAPAN トラベル&MICEマート」の前日に開催する表彰式に受賞者を招待し、クリスタルトロフィーおよび広報活動に利用できるロゴマークを授与します。

    *一般的に企業が従業員やその代理店の成績優秀者等の報奨、表彰、研修により、モチベーションアップ及び売上向上を目的として実施する旅行。

    **人泊とは、参加者1名が1 泊した数(例:20 名×5 泊=100 人泊)

大賞

イベント名

粉雪舞う 東北函館(5日間 495名)

受賞者

康福旅行社(可楽旅遊)(台湾)

受賞理由

自動車メーカーの販売成績優秀者を対象としたツアー。仙台に到着後、蔵王、青森から新幹線で函館に入るユニークな日程で冬の東北と函館を巡る。東北と北海道を組み合わせた旅程の中で、津軽鉄道ストーブ列車、雪景色、青森の伝統文化を楽しませる贅を尽くした宿など冬の魅力をあますことなく堪能し、地域への経済効果も高い。東北・北海道の良さを参加者が心ゆくまで満喫できるプログラムで年間を通しての業績を称え、モチベーションアップも期待され、次年度の成績に繋がるような内容のツアーである。

旅程(抜粋)

1日目 台湾発~仙台着
2日目 ホテルメトロポリタン仙台~山形蔵王ロープウェイ~中尊寺(金色堂)~鶯宿温泉
3日目 ホテル森の風鶯宿~八幡平(雪遊び)~十和田現代美術館~星野リゾート青森屋
4日目 奥入瀬渓谷~立佞武多の館~津軽鉄道ストーブ列車~JR新幹線(青森ー函館)~函館夜景/函館山ロープウェイ~函館
5日目 函館発~台湾着

企画賞

イベント名

Tungaloy India Pvt. Ltd.(8日間 53名)

受賞者

Kulin Kumar Holidays Pvt. Ltd.(インド)

受賞理由

金属部品メーカー社員を対象としたツアー。いわき市の本社訪問を軸に、パナソニックリビングで自社製品の果たす役割を見学。鎌倉、足利、軽井沢、立山黒部アルペンルート等歴史と自然の豊かなインド市場にとって新しい日本の観光地を巡ることで得たひらめきは、新たなビジネスを創出する効果が期待される。今後訪日インセンティブ市場において大きな需要が見込まれるインド発の斬新なコースである。

旅程(抜粋)

1日目 ムンバイ発
2日目 東京着
シティーツアー~パナソニックリビング~東京スカイツリー
3日目 東京~富士山~東京
4日目 東京~いわき市Tungaloy工場ツアー~いわき市
5日目 いわき市~Tungaloy本社でのセミナー~ガラディナー
6日目 いわき市~あしかがフラワーパーク~軽井沢マリオットホテル
7日目 軽井沢~扇沢~立山観光(アルペンルート)~富山(飛行機)~東京
8日目 東京発~ムンバイ着

貢献賞

イベント名

TOP ACHIEVERS OKINAWA TOUR 2017
(10日間 67名)

受賞者

JTB Australia Pty Ltd(オーストラリア)

受賞理由

自動車メーカーの成績優秀者及びその家族を対象としたツアー。沖縄では高級リゾートに5連泊。ビーチリゾートのみならず海軍司令壕、首里城訪問等地域の歴史と文化への理解を深める旅程が組まれている。また、東京でのユニークベニューを利用したパーティーや沖縄のビーチでのバーベキューディナーと両方の地域の魅力を満喫している。大人も子供も楽しむことができるようプログラムに工夫が見られ、地域への経済効果も高い。「都市+リゾート」といった、今後日本が誘致したいインセンティブ旅行の好事例といえる。

旅程(抜粋)

1日目 ブリズベン/メルボルン発~東京着
2日目 シドニー/アデレード/パース発~東京着
3日目 自由行動~ディナー
4日目 沖縄到着(ザ・ブセナテラスで宿泊)
5日目 美ら海水族館~万座毛~シーフードバーベキューディナー
6日目 津堅島でのオプショナルツアー
7日目 自由行動(レジャー)~万国津梁館でのフェアウェルディナー
8日目 自由行動(レジャー)~オプショナルツアー
9日目 沖縄~東京~オーストラリア
10日目 オーストラリア着

トップページへ戻る

2017年度受賞者

  • 日本政府観光局(JNTO)は、「JAPAN Best Incentive Travel Awards」を企画し、世界各国からの応募総数69件の中から受賞案件3件を決定しました。
  • 全世界の旅行会社やミーティングプランナーより募集した応募プログラムのうち、インセンティブ旅行実施後に主催企業が得られた業績向上や、企業のルーツ等独自のストーリーを背景に実施した特色あるプログラム、開催地域と連携したことによる地域への高い経済効果、という点において特に優れている企画を選出しました。
  • 受賞者は、VISIT JAPAN Travel & MICE Mart の前日に開催する授賞式で表彰され、案件のプレゼンテーションを実施します。

    ※インセンティブ旅行(Incentive Travel)とは、企業が社員のモチベーション向上のため、褒賞として招待する旅行。主に販売会社等が優れた成績者に対し実施しています。

大賞

イベント名

LEXUS 中国 匠心之旅シリーズ
(5~8日全4回 計86名)

受賞団体

交通公社新紀元国際旅行社有限公司
JTB New Century International Tours Co.,LTD(中国)

受賞理由

匠をテーマに、自動車メーカーのメディア関係者やディーラースタッフが日本の製造業と伝統と今に深く触れる旅の内容は、文化体験のみならず、産業振興にもつながるものであり、まさに、「日本の感性と知性がビジネスを未来へ動かす」という日本の MICE ブランドコンセプトに合致するものである。

旅程(抜粋)

第1回(19名)

1日目 福岡空港~博多人形~会議
2日目 レクサス九州宮田工場の訪問見学~関門海峡の見学
3日目 備前焼一陽窯見学~備前長船刀剣~倉敷美観~大原美術館
4日目 後楽園~三井アウトレットパークでの自由行動
5日目 帰国

第2回(19名)

1日目 福岡空港~博多人形
2日目 筥崎宮~レクサス九州宮田工場の訪問見学~福岡空港~仙台空港
3日目 中尊寺~南部鉄器OIGEN~東京駅
4日目 片岡屏風~INTERSECT BY LEXUSの見学~表参道
5日目 帰国

第3回(30名)

1日目 CS改善説明会
2日目 北京~大阪~四天王寺見学
3日目 豊岡杞柳細工ミュージアムの見学
4日目 京都の漆器店の見学~名古屋
5日目 豊田佐吉記念館~トヨタ鞍ヶ池記念館~福岡
6日目 筥崎宮~鳥栖プレミアム・アウトレットでの自由行動
7日目 博多人形~帰国
8日目 CS改善説明会

第4回(18名)

1日目 福岡へ移動
2日目 博多人形~レクサス九州宮田工場の訪問見学~京都
3日目 川島織物の見学~万福寺(普茶料理を体験)~京都の漆器店の見学
4日目 四天王寺の参拝~りんくうプレミアム・アウトレットでの自由行動
5日目 帰国

企画賞

イベント名

Global Leading Luxury Skincare Brand
-Global Conference 2017-
(4日間 360名)

受賞団体

EVO COMMUNICATIONS(シンガポール)

受賞理由

体験・チームビルディングとして自社商品のルーツである「麹づくり」という日本の伝統産業体験をとりいれつつ、表彰・研修においても、女性参加者にあわせた美しく、丁寧な しつらえ・あつらえを随所に施しており、おもてなし感にあふれたツアー内容が、インセンティブツアーの構成として非常に優秀である。
SNSを使った今風の広報手法も折りこみ、インフルエンサーとして訪日インセンティブ旅行の認知度向上に貢献するものである。

旅程(抜粋)

1日目 到着。全旅程京都滞在
2日目
  • ビジネスレビュー&トレーニング・グループフォト撮影
    ホワイエに、桜・障子・鳥居・酒樽のフォトブースを、会場内に鶴と桜モチーフのバックウオールを設置。参加者にも折鶴、桜モチーフのスカーフ、グッズ等を配布。
  • チームビルディング&ワークショップ
    酒造り体験:麹作り、もろみ作り、テイスティング
    着付け体験:インスタグラムを使っての写真グループコンペ。
  • 表彰式、トレーニング終了証授与式
  • カクテルレセプション、ガラディナー
    京都 CVB 提供太鼓パフォーマンス。ジャパニーズフュージョンダンス。
3日目 自由
4日目 帰国

貢献賞

イベント名

新光生命日本靜岡サミット
(5日間 120名)

受賞団体

汎佳旅行社
Fan Chia Travel Service(台湾)

受賞理由

空路も含め5日間の旅程を全て静岡県のみで構成。その中で、ハイレベルのサービス、パーティーでのサプライズ、異文化体験などインセンティブ旅行に求められる要素を高いレベルで実現。また、それにあたって、自治体等の支援メニューを目一杯活用しており、地元と企画者との努力の相乗効果により、地域への経済効果、地方へのインバウンド需要の拡大という面においても光る事例である。

旅程(抜粋)

1日目 台北桃園國際機場~富士山静岡空港~つま恋リゾート
2日目 掛川花鳥園~エスパルズドリームプラザ~ちびまる子ちゃんランド~エスパルズドリームフェリー~恋人岬~西伊豆クリスタルビューホテル
3日目 西伊豆温泉~修繕寺町~浄蓮の滝~富士山本宮浅間大社~湧玉 池~富士高砂酒造~日本平ホテル
4日目 駿府城公園~大井川鉄道 SL 乗車<家山駅-新金谷駅間>~蓬莱橋~玉露の里・茶の華亭にて昼食、瓢月亭にてお茶をいただいた後、静岡駅前商店街散策
5日目 久能山東照宮~nicoe(スイーツテーマパーク)~ららぽーと磐田(自由行動)~帰国

2016年度受賞者

  • 応募総数21件の中から、3名の受賞者が選考されました。
  • インセンティブ旅行実施後に主催企業が得られた効果や、新しいデバイスを利用した斬新なイベントの実施、また地域文化の魅力発信や地域の方との交流を通じた地方創生という点において、特に優れている企画を選出しました。

大賞

イベント名

幸福生根 北國續語 104 年度高極峰會議

受賞団体

雄獅旅行社(台湾)

イベント詳細

生命保険会社の大規模インセンティブツアー。参加者6,500名が6泊7日で北海道を周遊。著名人による講演会や夕食パーティー、台湾人野球選手の応援を行う等の旅程。

選出理由

  • 参加者6,500名と非常に大規模なインセンティブ旅行で、北海道を周遊しており、旅程に工夫が見られる。
  • 著名人による講演会や野球観戦で台湾人野球選手の応援を行う等、通常の旅行では体験できないインセンティブツアーならではの特別なイベントを実施している。
  • 公益財団法人札幌国際プラザとも連携しており、地域の特徴を捉えた旅行である。
  • 地元メディアでの露出があり、インセンティブ旅行の認知度向上に貢献した。

詳細はこちら

企画賞

イベント名

Chaumet - Hurry up for sales

受賞団体

teamtravel premium GmbH(ドイツ)

イベント詳細

55名が参加した3泊4日の高級ジュエリーメーカーのインセンティブ。
企業幹部によるプレゼンテーションやゲストスピーカーによる講演、銀座本店の訪問、屋形船や料亭での日本の伝統的な夕食を含む旅程。東京シティラリーの企画では、参加者が小グループに分かれ、iPadを利用しながら東京を体感。

選出理由

  • iPadという新しいデバイスを利用した東京シティラリーの企画は、チームビルディングとして斬新なアイディアであり、他都市でも応用可能な新しい企画として発展性が高い。
  • シティラリーを通じて地域の人々とのコミュニケーションを取入れている点も高く評価。

詳細はこちら

貢献賞

イベント名

Millennium Achievers Tour

受賞団体

JTB Australia Pty Ltd(オーストラリア)

イベント詳細

日系自動車メーカーのオーストラリア支社25名が参加した、7泊8日のインセンティブツアー。東京での観光と夕食パーティーの後、岡山、香川、徳島、神戸に移動し、各地で観光、地域ならではのプログラムに参加。

選出理由

  • 少人数だが、東京、岡山、香川、徳島、神戸と西日本を中心に広く周遊しており、それぞれの都市において阿波踊りへの参加等、各地の特徴を活かしたプログラムを実施し、地域文化の魅力発信と地方創成に貢献している。
  • 移動距離が長いが、各都市で観光する時間が十分に確保されており、効率よく周遊している点で旅程に工夫が見られる。

詳細はこちら

「JAPAN Incentive Travel Awards 2016」にご応募下さり、感謝申し上げます。 応募案件は、弊機構の選考基準に準じ、有識者による厳正なる審査を行いました。
今年度新たに企画した表彰制度ですが、質の高いプログラムを多数応募いただいたことに感銘を受けております。
JAPAN Incentive Travel Awardsは次年度も継続して実施いたしますので、ぜひご参加いただけますようお願い申し上げます。

独立行政法人 国際観光振興機構 理事長
松山 良一
Ryoichi Matsuyama

トップページへ戻る