国際会議を成功させる主催者業務管理支援システム

国際会議を成功させる主催者業務管理支援システム
ConfVisor

国際会議の誘致・開催を検討しているが、「時間がない、業務委託する予算がない、いつ誰が何を準備すれば良いか分からない・・」などといった悩みをお持ちの主催者の方に、主催者業務管理支援システム「ConfVisor」をご紹介します。

本システムは、産業技術大学院大学の松尾徳朗教授が、これまで約30以上の国際会議を企画・実施したご経験をふまえて開発したシステムで、平成26年春以降に利用が可能となる無料のオンラインのシステムです。このシステムを活用することで、国際会議主催者の業務をオンラインでスケジュール管理が出来るようになるほか、英語の招聘状など主催者が活用できる各種テンプレートも入手可能となります。JNTOが国際会議主催者向けに発行している『国際会議マニュアル』に記載されている管理事項に基づき、国際会議開催計画において、主催者がどの時期に、何を、どのように進めていけばよいか、開催計画の初期の段階から完了までのすべての業務をガイドし、適宜アドバイスを提示します。なお、主催者の業務一覧をまとめた学術国際会議用準備運営マニュアル「ConfVisor eXpress」は、「ConfVisor」に先立ち、公開されております。