2016年07月13日

「第99回ライオンズクラブ国際大会」に世界120ヵ国・地域から参加!

 「第99回ライオンズクラブ国際大会」が福岡市にて開催されました。大会は6月24日(金)に開会し、28日(火)までの5日間に約120ヵ国・地域より約3万8000人が参加しました。日本での開催は2002年大阪市での開催以来となります。


 6月25日(土)にはインタナショナルパレード及び、第99回ライオンズクラブ国際大会ホスト委員会事務局/福岡観光コンベンションビューローが主催したライオンズマーケット2016が天神中央公園付近にて開催されました。


 当日は、小雨が降っていたものの、10時半よりパレードが予定通り開始され、国内外から約100ヶ国・地域より約1万2000人の参加者がそれぞれの民族衣装に身を包み福岡の街を行進しました。パレードは、約3時間程度続き、コースの終点である天神中央公園会場内では、福岡のみならず各地の特産物のテント等が立ち並び、食事もできるスペースが設けられていました。熊本地震後初の大型イベントであるため、JNTOは世界各国から参加したみなさまへ今回の訪日の感想などのインタビューを実施しました。インド、アメリカ、韓国、中国、ドイツ、スイス、コンゴ民主共和国、パナマ共和国、台湾、フィリピン等、多くの方が快く応じて下さり、福岡の印象とには、空港から近い、街がきれい、食べ物が美味しい、人々がとてもやさしいなど、といった感想を伺うことができました。また、参加者のほとんどが九州で地震があったということを知らず、特に不安は感じておらず、とても九州を楽しんでいる様子が窺えました。


  ※JNTOでは、これらのインタビューの模様を、ウエブサイトで近く公開する予定です。


- インターナショナルパレード及びライオンズマーットの様子 -

 一覧に戻る