2016年01月11日

Meet Japan 2015 (海外キーパーソン招請事業)(12月6日~11日)を実施しました!

JNTOは、2015年12月6日から11日の1週間にわたり、国際会議の開催地を決定する立場にあるキーパーソンを日本に招請し、多彩な日本の会議開催候補地を紹介する“Meet Japan”を実施しました。
参加者は日本到着後東京で一泊したのち、2泊3日の視察に参加し、各地の国際会議場、ホテル、観光施設について情報収集を行いました。それぞれのコースでは各会議のスペックに適した施設の視察に加え、最先端の産業、学術研究施設の見学や、文化体験など、充実した内容のアフターコンベンションのプログラムの体験もされました。この視察ツアーの様子は、金沢や岐阜など地元のメディアで取り上げられ、国際会議誘致の意義が広く伝えられました。
視察ツアー終了後は東京に戻り、翌日午前中には、東京国際フォーラムで開催中のInternational Meeting Expo(IME)の視察を行いました。キーパーソンの皆様には、今回視察した以外の都市からも幅広く情報収集をして頂き、日本各地の魅力をお伝えできる機会となりました。また午後には、仙台、ちば、広島、福岡、松江、みやざき、長崎、横浜、つくば、神戸、富山、金沢、松本、おかやま、札幌、名古屋、大阪、沖縄、静岡、東京、岐阜の各都市と会議施設や支援メニューなどの情報交換を行う商談会を実施しました。各キーパーソンの担当会議と、各都市の施設・ユニークベニュー・支援メニュー等との情報交換により、Meet Japan参加都市の多くが新しいデスティネーションとして認知度をあげることができました。また、参加者からは、「Meet Japanはとても素晴らしい機会だった。国際会議の主催をする人たちと知り合う貴重な機会でもあり、また日本の受入側は非常に丁寧に施設や都市の魅力を説明してくださった。」「日本は、他の国とは全く異なる経験を与えてくれる」「プログラムは細部まで目が行き届いており、レベルが高いものだった。」との嬉しい言葉を頂きました。
JNTOでは、毎年Meet Japan事業を実施しており、ご参加頂いたキーパーソンのうち約6割の国際会議が日本での開催につながっています。また、Meet Japan以外にも個別招請プログラムをご提供しておりますので、具体的な会議の案件に関し個別招請をご計画の際にも、JNTOに是非ご相談ください。

 一覧に戻る