2018年08月03日

クアラルンプール・バンコクで訪日インセンティブ旅行セミナーを実施しました!

日本政府観光局(JNTO)MICEプロモーション部では、2018年7月17日、19日にクアラルンプール・バンコクにおいてインセンティブ旅行セミナー(Japan Incentive Travel Seminar)を開催しました。本セミナーには日本側からクアラルンプールで17団体、バンコクで15団体の出展があり、現地側からも訪日インセンティブ旅行の需要の高さを反映してクアラルンプールで48団体、バンコクで45団体の旅行会社の参加がありました。

成績優秀社員の褒賞・研修、社員間の連帯意識や意欲の向上などを目的として催行される企業インセンティブ旅行では、通常では体験できない特別感のあるコンテンツを提供することが求められており、一人あたりの旅行消費額が多い(*)という特徴を持っています。JNTOが昨年度行った調査では、インセンティブ旅行において参加者に「Wow!!」と驚きを与えることができるような要素が特に重視されているという結果が得られました。そのため、本セミナーにおいてはまず、「私達の地域/施設でできるWow Experience」をテーマとして、日本側参加団体から現地旅行会社に向けてプレゼンテーションを行いました。その後開催された商談会では、1,000名を超える大型団体から数十名程度の小規模な団体まで、検討中の具体的なインセンティブ旅行案件に関する問い合わせが数多く集まり、日本側の各出展団体やJNTOから情報提供や支援メニューの案内を行いました。

JNTOではインセンティブ旅行を取り扱う旅行会社へのヒアリングや調査事業等を通じて、インセンティブ旅行の市場動向に関する情報収集を行っています。今後ともセミナー・商談会の開催を通じてこれらの情報を参加団体の皆様に提供していくと共に、更なるビジネス機会の創出に努めてまいります。

(*)観光庁の平成29年度「MICEの経済波及効果算出等事業」の調査結果によると、インセンティブ旅行(報奨・研修旅行)の参加者1人当たりの総消費額は約32万円。詳しくは観光庁Webサイト(http://www.mlit.go.jp/kankocho/news03_000175.html)参照。


セミナーの様子

セミナーの様子

商談会の様子

商談会の様子

 一覧に戻る