2018年08月24日

台湾で訪日インセンティブ旅行セミナーを実施しました。

日本政府観光局(JNTO)MICEプロモーション部では、平成30年8月7日、8日に台中市・台北市で「JAPANインセンティブ旅行セミナー」を開催しました。

本セミナーは台湾からの訪日インセンティブ旅行誘致をさらに拡大するため、日本のコンベンションビューローやサプライヤーの皆様と、現地インセンティブ旅行を取り扱っている旅行会社との関係を構築すると共に、商談会を介して訪日インセンティブ旅行商品の増加を促すことを目的に、各地の魅力や、新しい情報を提供するセミナーを実施しました。

日本各地から台中でのセミナーに14団体、台北には20団体の参加がありました。現地からは訪日インセンティブ旅行の需要の高さを反映して、台中では44社、台北では79社の旅行会社・航空会社・メディアの参加がありました。

成績優秀な社員や販売店などを対象に、企業が報奨として行っているインセンティブ旅行は、一人当たりの旅行消費額が多い(*)のが特徴です。また通常の個人旅行では体験できないような特別感のあるコンテンツが求められており、JNTOが昨年度行った調査でもインセンティブ旅行の企画者は参加者に驚きを与えることができるような要素を特に重視しているという結果が得られました。このような結果を踏まえて本セミナーでも特別感と驚き、「Wow Experience」をテーマにプレゼンテーションと商談を実施しました結果、合計商談件数683件のうち、有望または将来の可能性のある具体的な商談が台中・台北両都市で合計214件にのぼりました。

JNTOが優れた企画による訪日インセンティブ旅行を表彰する「JAPAN Best Incentive Travel Awards」でも、毎年、台湾の旅行会社が受賞している通り、台湾からの訪日インセンティブ旅行市場は非常に成熟しています。セミナーでも、バイヤーは、まだ知られていないデスティネーションや、具体的な商品、支援メニューに高い関心がよせられました。JNTOでは、今後も、海外事務所のネットワークを生かしたセミナーや商談会等の事業を通じ、日本からの参加団体の皆様のビジネス機会の創出に努めて参ります。


(*)観光庁の平成29年度「MICEの経済波及効果算出等事業」の調査によると、インセンティブ旅行(報奨・研修旅行)の参加者1人当たりの総消費額は約32万円。
詳しくは観光庁Webサイト(http://www.mlit.go.jp/common/001233265.pdf )P91をご参照ください。

セミナーの様子

セミナーの様子

台北セラー

台北セラー

 一覧に戻る