2018年12月26日

「SIGGRAPH Asia 2018」が東京で開催されました!

世界59ヵ国より9,735人(内外国人参加者数2,323人)が集い「SIGGRAPH Asia 2018」が2018年12月4日(火) ~ 2018年12月7日(金)に東京国際フォーラムにて開催されました。
本会議の誘致・開催にはMICEアンバサダーの北村喜文教授(東北大学 電気通信研究所 教授)が携わられており、JNTOは誘致段階において国際本部のキーパーソンの招請、JNTO招請状の発出等の支援を行いました。また開催においては後援をしております。
本会議は、近年日本で活発に研究されているコンピューターグラフィックス・インタラクティブ技術分野の会議・展示会であり、日本での開催は3度目です。多くの研究成果、科学、アート、アニメーション、ゲーム、インタラクティブ技術、教育、新技術が発表・展示され、技術分野とクリエイティブ分野で活躍する世界中の研究者、業界関係者、学生が数多く参加しました。展示スペースではVRシアターやデジタルアートなど最先端の技術が展示されている一方、着物、茶道、折り紙などを体験できるプログラムも用意されており、海外からの参加者が日本の伝統文化を楽しんでいました。また明治神宮や原宿の竹下通り、墨田川クルーズや浜離宮庭園、東京スカイツリーなど東京の名所を巡るシティツアーも提供され、会議開催地としてだけでなく観光地としての東京の魅力も満喫していました。また会場では、東京都、また、日本を含めた世界各国からのボランティアスタッフが協力して、海外からの参加者の質問に答えるなどし、日本のおもてなしをアピールしました。

日本政府観光局(JNTO) MICEプロモーション部は、本会議にブースを出展し、国内の国際会議主催者の方への誘致支援についての紹介と現在開催中の「第1回MICE開催地・日本の魅力フォト・動画コンテスト~New ideas start here~」の宣伝を行いました。その結果、多くの参加者の方々に、会場内の様子や会議前後に訪れた場所の写真・動画を応募いただきました。フォト・動画コンテストの応募期間は2019年1月15日までですので、ふるってご応募ください。

会議名 シーグラフアジア2018 SIGGRAPH Asia 2018
開催期間 2018年12月4日(火) ~ 2018年12月7日(金)
参加者数 9,735人(内外国人参加者:2,323人)
開催都市(会場) 東京(東京国際フォーラム)
SIGGRAPH Asia 2018の誘致活動については、こちらをご覧ください。

会場の様子

会場の様子

JNTOのPRブースの様子

JNTOのPRブースの様子

 一覧に戻る