2019年01月28日

IBTM Worldにジャパンブースを出展しました!

日本政府観光局(JNTO)MICEプロモーション部は、2018年11月27日(火)~29日(木)に行われたIBTM Worldにジャパンブースを出展しました。IBTM Worldはスペイン、バルセロナにて毎年開催されているMICE専門見本市です。IMEXと並ぶ規模で、事前アポイント制にて商談を実施します。

 JNTOは、日本のコンベンション推進機関、DMC、ホテル、PCO等23団体と共同出展し、ブース内ではBtoBの商談が活発に行なわれました。576名のホステッド・バイヤー(以下、バイヤー)がジャパンブースに訪れました。約9割がインセンティブ案件で、インセンティブ旅行におけるアクセスや季節、天候などの日本に対する基本的な情報を求めるバイヤーが多くみられました。残る1割が国際学会で、具体的な案件を持ったバイヤーが多く、また、ジャパンブースでは、ラグビーワールドカップ及び東京オリンピック・パラリンピックの開催前後に日本でのMICE開催を検討しているバイヤーも多く見受けられ、日本のMICEデスティネーションとしての関心の高さが伺えました。また、訪問者スキャンデータによると、日本ブースを訪問したバイヤーの国別で多かったのはロシア、アメリカ、イギリスからでした。

 日本はブースデザインから放映した動画、広告、配布するギブアウェイに至るまで、ブランディングを反映したデザインエレメントを活用し、MICEブランドコンセプトである「日本の感性と知性が、ビジネスを未来へ動かす」、タグラインの”New ideas start here”を、多角的に表現しました。また、ブース内アクティビティとして飴細工パフォーマンスとハッピーアワーを実施し、多くの来場者が日本の文化に興味を持ちました。 

海外MICE見本市は、現地のMICEバイヤーや旅行会社に直接アピールできる貴重な機会となっています。是非今後の海外見本市へのご参加をご検討ください。

ジャパンブースの様子

ジャパンブースの様子

 一覧に戻る