2017年11月21日

ITB Asia2017に出展しました!

JNTOは、2017年10月25日(水)~10月27日(金)にシンガポールにて開催されたITB Asiaにジャパンブースを出展しました。ITB Asiaは、MICEとレジャー両方を扱うアジア最大級の見本市の一つです。本年は第10回目の開催で、主催者発表によると総来場者数は約11,000名、Web上での事前のマッチングによる総アポイントメント数は22,000件以上でした。951名のバイヤーが参加し(内訳:レジャー40%、MICE35%、企業25%)、113か国より940団体が出展者として参加しました。バイヤーの地域別内訳としてはアジア・パシフィックが79.5%、ヨーロッパが10.5%、アメリカが6.3%、中東が2.7%、アフリカが1.0%と、アジアパシフィックを中心に世界中からバイヤーが集まりました。


JNTOは、日本のコンベンション推進機関、ホテル、旅行会社、DMC等計12団体の共同出展者と共に出展し、会期の3日間にわたり、ブース内ではBtoBの商談が活発に行われました。バイヤーの日本に対する関心は非常に高く、事前アポイントメント商談以外にウォークインバイヤーも多く、インセンティブの手配に関わる具体的な相談から、一般的な日本の都市や施設情報など、幅広い問い合わせがありました。また、オリンピックやラグビーワールドカップが近づいていることもあり、スポーツ関連の問い合わせも増えてきています。


ブースは水引のモチーフをあしらったデザインで、会期中にはハッピーアワーを開催し、お寿司や日本酒を振舞い、また浴衣の着付けや昔遊びといった日本らしい体験型のアトラクションを実施しました。また、2日目には会場内でプレゼンテーションを行い、日本のMICE開催地としての魅力を伝えました。


海外MICE見本市は、現地のMICEバイヤーや旅行会社に直接アピールできる貴重な機会となっています。是非今後の海外見本市へのご参加をご検討ください。

日本ブースの様子

日本ブースの様子

会場内プレゼンテーションの様子

会場内プレゼンテーションの様子

 一覧に戻る