2021年11月12日

「国際神経精神薬理学会世界大会(CINP 2024)」の2024年東京開催が決定!

この度国際神経精神薬理学会(CINP)執行委員会にて2024年大会の開催地が、東京に決定いたしました。

「国際神経精神薬理学会 (CINP) 」は、精神医学、薬理学、脳科学の研究者、臨床薬剤師等の専門家が一堂に会し、有効性・安全性の高い医薬品の開発等について最新の研究発表や意見交換等を行う国際会議です。日本での開催は、1990年の第17回京都大会に続き2回目となります。

2019年10月に、「CINP 2024誘致委員会」は、CINP本部理事ご一行を東京にお迎えし、開催候補会場である東京国際フォーラムの視察、開催候補地東京の利便性などを伝えるプレゼンテーションを行いました。また一日の最後に、CINP本部理事ご一行及び誘致委員の方々、開催関係者が一堂に会した意見交換会を実施して親睦を深めました。このような日本チームの協力体制が高く評価され、今回の誘致成功につながりました。

日本政府観光局(JNTO)は(公財)東京観光財団と連携し、誘致活動の国内主催者である「CINP 2024誘致委員会」の誘致活動を支援しました。

会議名 2024World Congress Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum –CINP2024-
2024年国際神経精神薬理学会世界大会
開催期間 2024年 5月23日〜26日(4日間)(予定)
開催都市 東京都 東京国際フォーラム (予定)
参加予定人数 2,500名(海外より1,500名を見込む)

-

 一覧に戻る