2022年10月28日

MICE市場トピックス(10月)

毎月、海外の複数市場について、JNTO海外事務所が収集したMICE関連の状況やトピックスをご紹介します。
① MICE関連の旅行会社や関係団体の動向
② MICE関連の訪日意欲の有無・変化
③ 現地でのイベント開催の有無とその感染症対策
④ その他の特記すべきトピックス、ニュース  (特筆する情報がない場合は、当該番号に「なし」と記載しています。)
本情報の転送や媒体掲載はご遠慮ください。※2022年9月末時点の情報です。
【マレーシア市場】

① なし

② 2022年10月11日より日本の水際措置が緩和され、個人旅行目的による入国、査証免除措置の再開など訪日旅行へのハードルは無くなったことから、2022年11月以降の訪日インセンティブツアーに関する問い合わせも増え、今後のインセンティブツアーの回復が期待出来る。予算が限られている中で航空券代が高騰していることから、泊数を調整するなどして実施を計画する企業が多い。

③ 2022年9月7日付で屋内でのマスク着用義務が撤廃され、公共交通機関/医療施設を利用する場合を除き、屋内外問わずマスクの着用は任意となった。但し、施設管理者、イベント主催者は来場者のマスク着用要否を設定することが出来る。

④ なし

【韓国市場】
① 韓国の海外インセンティブツアーは、2022年3月から9月の現時点まで、主催企業が保険、ネットワークビジネスから徐々に化粧品、公企業など一般業種のところまで広がっている。開催地の傾向は依然として太平洋のハワイ、グアム、東南アジア、ヨーロッパが中心となっており、近頃は特にコロナによる入国規制を完全に無くしたベトナムのリゾートが圧倒的に多くなっている。

② 2022年10月11日の日本入国規制緩和の発表後、訪日インセンティブツアーの企画及びエージェントへの見積もり依頼が急増しているが、地方空港の国際路線の再開状況や航空座席不足の影響で約1/3程度しか依頼が受けられない状況。中小規模のインセンティブ旅行は既に日本開催を決定している社もある一方、保険・ネットワークビジネス等による大規模インセンティブ旅行は、来年の開催に向けて検討に入っている社が出てきている。

③ <3年ぶりにオフラインで開かれたソウル国際トラベルマート>
ソウル市とソウル観光財団は2022年9月27日から10月1日までソウルCOEXで「2022ソウル国際トラベルマート(SITM)および2022ソウル医療観光国際トラベルマート(SITMMT)」を3年ぶりに対面開催した。今回の行事の主なプログラムは開幕式、商談会(B2Bトラベルマート)、ソウル観光説明会、ソウル医療観光国際討論会など。今年オフライントラベルマートには国内外観光業界924社が参加した。 特にソウル市は33カ国、140人の海外バイヤーをソウルに直接招待し、観光分野の国内セラーと商談を行った。商談である「ソウル国際トラベルマート」は約611社、「ソウル医療観光国際トラベルマート」は約313社が参加した。1社あたり1日8~10件ずつ各40分の商談が行われ、対面ブース及びテレビ会議ブースにも空席は見かけない盛況ぶりだった。

④ なし

【英国市場】
① 回復の兆しはあるがまだ本格的ではない。新型コロナウイルス感染症、人材不足、倒産、英国の景気後退、生活費危機、ウクライナ戦争の影響などで回復が遅れると思われる。

② 日本の入国規制の厳しさに不満があったが、2022年10月11日の日本入国規制緩和の発表後、訪日旅行の問い合わせが増えている。

③ 国内で新型コロナウイルス感染症対策はほとんどされていない。(建物の入口で手指の消毒をする程度)

④ 状況が目まぐるしく変化するリスクがあるため、ミーティングプランナーは予約において以前よりも時間や柔軟性を求めるようになった一方、業界は人材不足のため以前のような細やかな対応はできなくなっている。サステナビリティとレガシーインパクトへの考えが変化しており、サステナビリティの目標達成に向けて努力することだけではなく「結果」にも焦点が当てられるようになった。

【ドイツ市場】
① なし

② 日本入国規制緩和の発表前は、VISA等の規制や個人旅行が可能になる時期に関する問い合わせが多かったが、発表後は、具体的な訪問先等の問い合わせに変わってきている。MICEにおいても同じ傾向となると考えられる。

③ ドイツ政府は2022年10月から新型コロナウイルス感染予防規制を強化する。「全国レベルの規制」と「州による規制」に分けられ、イベント開催関連については各州において、(1) 屋内イベントでマスク着用を義務付ける、(2) 屋外イベントでも社会的距離を保てない場合はマスク着用を義務付ける、(3) 屋内イベントに人数制限を導入する等の規制を実施することができる。

④ なし

【タイ市場】
① QSNCC(Queen Sirikit National Convention Centre)が2022年9月にリニューアルオープンした。SDGs、ハイブリット会議対応等も考慮された、ハード・ソフト面でも大規模な国際会議開催の対応可能なバンコク市内最大級の会議場。既に予約が好調とのこと

② なし

③ <感染症対策>
イベントにおいては事前に抗原検査・ワクチン接種の確認、当日の会場内での基本的な内容マスク着用や消毒液の設置等を実施しているが、人数制限・ソーシャルディスタンス等はあまり意識されていないことが一般的である。
<The 63rd Thai Tiew Thai Fair>
2022年9月1日~9月4日にBitec Bangnaにてタイ国内旅行商品を主に案内している旅行博覧会「The 63rd Thai Tiew Thai Fair」が開催された。(規模:約700小間)。
<IT&CM Asia>
2022年9月20日~9月22日にIT&CM Asiaがハイブリットで開催された。コロナ前より全体的な規模は縮小傾向。日本からも複数のコンベンションビューローが単独出展した。また、インセンティブツアーに関心のある旅行会社が各国から招待された。

④ なし

 

転載禁止(©JNTO)
<JNTO担当部署> MICEプロモーション部  TEL:03-5369-6015  E-mail:convention@jnto.go.jp

 一覧に戻る