国際会議誘致・開催貢献賞について

概要

JNTOでは、国が国家戦略として位置づける国際会議誘致・開催の意義に関する国民の理解を促進し、国際会議主催者及び都市・推進機関の社会的地位を高めるために、2008年度より「日本政府観光局(JNTO)国際会議誘致・開催貢献賞」を創設し、受賞式を実施しています。
つきましては、日本における国際会議の誘致・開催におけるベストプラクティスを表彰し、その功績と努力を称えるため、2020年度「国際会議誘致・開催貢献賞」の募集を行います。

今年度の応募詳細については、
こちらをご覧ください。

 
国際会議......
UIA(国際団体連合)もしくはJNTOが定める統計基準に適合する国際会議(*)
*UIA基準......
国際機関・国際団体の本部が主催または後援した会議で参加者数50人以上、参加国数3カ国以上、開催期間1日以上
*JNTO基準...
国際機関、国際団体(各国支部を含む)または、国内機関・国内団体(民間企業以外)が主催した会議で参加者数50人以上、参加国数 3カ国以上、開催期間1日以上

閲覧環境(PC等)の設定時刻
Fri Oct 23 2020 22:05:09 GMT+0900 (日本標準時)

応募が終了しました

サーバーの設定時刻
Fri Oct 23 2020 22:05:09 GMT+0900 (日本標準時)

応募締切まで-3818時間

表彰

国際会議誘致の部

創意工夫により効果的な誘致活動を行い、
諸外国との競争の結果、誘致に成功した会議

【評価ポイント】

  • ① 誘致活動として、事前の情報収集、ロビー活動、PR活動等の実施
  • ② 国、都市、コンベンション推進機関等との連携による、効果的な誘致活動を実施
  • ③ 開催都市の経済効果やレガシーの創出などに寄与できる ことのPR

国際会議開催の部

開催に際して優れた会議運営を行い、
今後の模範となる国際会議

【評価ポイント】

  • ① 誘致活動として、事前の情報収集、ロビー活動、PR活動等の実施
  • ② 国、都市、コンベンション推進機関等との連携による、効果的な誘致活動を実施
  • ③ 開催都市の経済効果やレガシーの創出などに寄与できる ことのPR

受賞団体の主催者は、2021年2月に開催される「国際 MICE エキスポ(IME2021)」にて表彰させていただく予定です。
また、受賞内容については、プレスリリースやJNTOのwebサイトなど、広報活動に活用させていただくことがあります。

応募要項

 

名称
2020年度「国際会議誘致・開催貢献賞」(JNTO Best International Convention Awards 2020)
主催者
日本政府観光局(JNTO)
募集期間

2020年7月15日(水)~ 10月2日(金)17:00 ※締切厳守でお願いいたします。

推薦対象会議
  • 下記項目条件に該当する会議をご検討ください。
  • (1) JNTO が定める統計基準に適合する国際会議(※)であること
    ※「JNTO 基準」とは、国際機関、国際団体(各国支部を含む)または、国内機関・国内団体(民間企業以外)が主催した会議で参加者数50人以上、参加国数3カ国以上、開催期間1日以上であるもの
  • (2) 2019年度に誘致決定もしくは開催が終了した国際会議であること
  • (3) 政府および地方自治体、民間企業が主催となるものは除きます
  • (4) 2019年度の「国際会議誘致の部」で受賞したことのある会議は、今年度の「国際会議開催の部」での受賞対象外とします。但し、2018年度までの「国際会議誘致の部」受賞案件はこの限りではありません。

 

表彰部門及び件数
「国際会議誘致の部」と「国際会議開催の部」の2部門において表彰いたします。なお開催の部においては、大規模会議と中・小規模会議の2つのカテゴリーに分けて審査をいたします。いずれの部門においても「先進性」、「独創性」を含んだ企画力や「地域貢献等を含んだレガシー」などを明確に打ち出してください。なお、下記の評価ポイントについては、すべての項目が審査の対象となります。
  • (1) 国際会議誘致の部
    開催立候補による効果的なPR により、諸外国との誘致競争の結果、日本への誘致に成功した国際会議であること
    【評価ポイント】
    ① 誘致活動として、事前の情報収集、ロビー活動、PR活動等の実施
    ② 国、都市、コンベンション推進機関等との連携による、効果的な誘致活動を実施
    ③ 開催都市の経済効果やレガシーの創出などに寄与できることのPR
  • (2) 国際会議開催の部
    開催にあたり会議運営、地域貢献等において今後の模範となる実績を挙げた国際会議であること
    ※開催の部においては、大規模会議(総参加者1,000名以上)と中・小規模会議(総参加者 1,000名未満)の2つのカテゴリーに分けて審査をいたします。
    • 【評価ポイント】
    • ① 環境への配慮など、2015 年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を組み込んだ運営
    • ② ユニークベニューの活用等、開催地の特徴および地域産業、地元の協力を生かした運営による地域活性化への寄与
    • ③ 先進的なテクノロジーの活用
    • ④ メディア等を活用した会議及び開催都市の露出
      ※過去に受賞された会議はWEBにてご参照ください。
      https://mice.jnto.go.jp/about-jnto/activities/commendation/previous-awards-winners/

 

応募条件
  • 下記に該当する団体からの推薦を、お願いいたします。
  • ① 省庁、地方公共団体、またはコンベンション推進機関
  • ② 一般社団法人 日本コングレス・コンベンション・ビューロー(JCCB)会員
  • ③ 一般社団法人 日本コンベンション協会(JCMA)会員
  • ④ その他機構が認める法人・団体
    • ※1件の会議につき1件の応募受付とさせていただきます。同一会議内で複数の関係者が含まれる場合は、
      関係者間で調整のうえ重複の応募がないようご注意ください。

 

応募方法
  • ① 提出物
  • a.推薦用紙 (Excel ファイル)
  • b.推薦理由書 (Excel ファイル)
  • c.押印済の推薦用紙 スキャンデータ
    • ※a.推薦用紙に代表印または所属部印を押印の上、PDF 等の形式で Excel ファイルとあわせてお送りください。
      原本は、お手元にて保存してください。
  • d.会議推薦のための説明資料 (任意)
    • ※推薦書の内容を証明する資料があればお送りください。 添付ファイルにてお送りいただくか、資料を閲覧可能な URL を推薦理由書内に記載ください。
    • ※応募 1 件につき 3 点までとし、理由書内に資料についての説明を明記してください。
  • ② 送付先(事務局)
    e-mail koken2020_jnto@tobutoptours.co.jp
    ※応募に関するお問い合わせは、下記の JNTO 問合先へご連絡ください。
発表
2021年1月下旬(予定)に、JNTOホームページにて受賞会議を発表いたします。
お問合せ先
日本政府観光局(JNTO)MICEプロモーション部
国際会議誘致・開催貢献賞担当:清水・齋藤・大平
e-mail koken@jnto.go.jp
TEL : 03-5369-6015